カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 心と身体にやさしいマスティハとは

マスティハとは

マスティハ 地中海沿岸に分布するウルシ科の木Pistacia lentiscusの中でも、ギリシャ・ヒオス島だけで栽培されるマスティハの木(Pistachia Lentiscus var.Chia)の樹液です。

この木の幹や太い枝に傷を付けると、傷口をふさぎ細菌やバクテリアから自らを守るために透明な樹液が浸み出します。

これを自然に乾燥したものが「マスティハ」(マスティック)です。

ヒオス島のマスティハ(マスティック)は、EUの原産地呼称保護(PDO)に認定された食品です。

マスティハの栽培方法

エーゲ海の東端、トルコと国境を接する所にヒオス島は位置します。

この島の南東部でマスティハの木は栽培されています。1月〜2月はマスティハの木の剪定作業を行います。

春になると一本ずつ木の根元の土をならし石灰の粉を敷き詰め、夏の収穫シーズンまでにすべての準備を整えます。

7月になるとマスティハ(マスティック)の採取は始まります。

マスティハ(マスティック)の流れ落ちる様子から「キリストの涙」とも呼ばれます。

つまめる硬さになったところで、ていねいに収穫されます。これがヒオス島の「マスティハ」です。


収穫作業は9月末までの約3ヶ月間続きますが、1本の木からはたった150g〜180gのマスティハしか採れません。

12月、マスティハの木の枯葉を肥料に与えて、次のシーズンまでしっかり木を休ませます。

木肌を傷つける作業は「ケンティマ」と呼ばれ、すべて人の手で行われます。千年以上変わらない方法と道具を使います。

農家の手で集められたマスティハは島の天然湧水でていねいに水洗いされて、「キオス・マスティハ生産者組合」に集められます。

「キオス・マスティハ生産者組合」でさらに洗浄・選別作業を経て、原産地呼称保護(PDO)認証マークのついたパッケージに包装されて世界各国に輸出されます。

化学薬品や添加物は一切使用されません。